<人工透析手配に関して>

 

-手配の流れ

1.下記必要情報を受け取り、透析施設の予約 (遅くても2か月前までにお問い合わせください。)

    *透析希望日と滞在先

    *透析を受ける方の氏名、生年月日、住所、電話番号、透析を始められた年月日、腎臓病以外の持病の有無

    *透析の回数と曜日、1回の透析にかかる時間、透析のアクセス種類(内シャント、カテーテル等)

    *現在透析を受けている施設名(病院名)、住所、電話番号、FAX番号、医師名、透析担当者名

    *アメリカでの住所、電話番号、連絡者名

 

2.施設の予約後、1年以内の医師からの診断書、薬の情報、透析に関する情報の提出(全て英語)

 

3.クレジットカード情報の提出

 

4.アメリカでの透析を予定日から30日以内のラボ検査報告書、透析記録(3回分)を提出(全て英語)

  その他B型肝炎の情報、心臓病をお持ちの場合はレントゲン、心電図の情報も必要

 

-支払いは透析当日に直接施設へ支払っていただきます。(クレジットカード、トラベラーズチェック、キャッシュ)

-上記必要書類の英語翻訳お手伝いもしております。

-日本へ帰国後、海外療養費還付支給制度で還付(返還)請求を受ける事が出来ます。払い戻しをする際には医療明細

   書や領収書が必要です。 必要書類を日本から用意していただき、透析終了後に医師のサインが必要となります。

   必要書類ダウンロード 海外療養費サイト  https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3

ー透析手配料、翻訳代に関してはお問合せ下さい

 

<その他の情報>

ー障がい者フィットネスクラスー

   日本には有りそうで無いAPE(Adaptive Physical Education/障害を持つ方の社会体育)プログラムというものが、地域に密着

   した地元の大学内の障害者専用トレーニングルームやプールなどで行われ ている。競技か、リハビリかの両極端に分かれている

 日本の障害者スポーツの分野に欠けていた日常的な健康・体調の維持向上を目的とした障害者フィットネス

 

ー短期留学(車椅子アクセス)ー

  California State University Long Beach

                http://www.ccpe.csulb.edu/ALI/programs.aspx?pID=7

  University of California,Riverside

                http://www.iep.ucr.edu/programs/english-language-programs.php

 

 

 

 

 

 

 

© 2023 by the Smith Family. Proudly created with Wix.com

  • YouTube Clean
  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now